ジャックスを傘下にするMUFGの「保身」

2007年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

信販業界3位のジャックスが、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)傘下に入り、同グループ子会社の三菱UFJニコスの信販部門がジャックスに譲渡・統合され、個品割賦の取扱高では信販業界でトップに躍り出る。ジャックスの強みは、約500億円もかけた「ジャネット」という業界最先端のコンピューターシステム。MUFGのジャックスへの出資は約100億円。海老で鯛を釣ったとの見方もできる。このため「得するのは三菱だけ」との不評を呼び、統合が発表された6月21日に537円だったジャックスの株価は、7月5日には年初来安値の400円を記録した。数年前に旧三菱銀行はジャックスに統合を持ちかけたものの、相手は業界5位のセントラルファイナンス。当時はジャックスのプライドの高さから実現しなかったが、今回は「個品割賦ナンバーワン」になる条件に、あっさり飛びついたようだ。MUFGがジャックスを取り込ん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。