参院選に力を入れる佼成会ら新宗教勢力

2007年8月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

普段は政治の話にあまり触れない教団の機関紙が、参院選の話題に力を入れている。現在の宗教と政治の在り様を考えるうえで実に興味深い。政治記事が比較的多い神社新報は6月25日付の1面で、神道政治連盟の中央委員会について報じた。神政連は「戦後体制からの脱却をめざす安倍晋三首相のもと」での活動方針を掲げ、比例代表で自民公認の有村治子候補の支援を確認。候補者の決起集会の様子も伝えた同紙は、鉢巻き姿の支援者らの姿を収めた写真も1面に掲載する力の入れようだ。一方、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の本願寺新報。いつもは政治記事がほとんどないが、今回は別。教団が民主公認の藤谷光信候補を宗門特別推薦にしたからだ。国会議員に多くの本願寺関係者を抱える同教団は、政党に関係なく候補者を推薦してきたが、今回はそうした推薦とは別に特別推薦枠を設けた。特定候補を応援するのは70年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。