米ロは共同「ミサイル防衛」で棘を抜け

外交で窮地の米国は、思い切ってプーチンの対案に乗るべし。「信頼せよ、されど検証せよ」。

2007年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

米国とロシアの関係は衝突か、対決か、それとも崩壊に向かうのか。修復は可能なのだろうか。米ロ首脳会談が7月1~2日、米国東部メーン州ケネバンクポートのブッシュ家の邸宅で開かれた。晩餐には名物のロブスターが振る舞われて「ロブスター・サミット」の愛称がついたが、この会談でブッシュ大統領とロシアのプーチン大統領は、両国間が今後衝突しそうな重要懸案を話し合う機会を得た。しかし少なくとも公表された限りでは、このサミットは懸案事項で大きな合意に達することはなく、両国の指導者が互いに敬意と好意を確認しただけで、中身より見栄えだったことが明らかになった。直近の米ロ関係悪化の「最大の棘」(causes célèbres)は、米国がチェコにミサイル感知レーダー配備と、ポーランドに迎撃ミサイル10基配備を計画したことだった。おそらく現実化することのない遠方のイランの脅威、あくまで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。