シャープの片山社長に「くノ一」記者が取材攻勢

2007年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

49歳で3兆円企業のトップとなったシャープの片山幹雄社長の担当に、マスコミ数社が相次いで入社4、5年目の美人女性記者を投入している。奈良県内の自宅に夜討ち取材に訪れる男性記者には冷たい片山氏も、美人記者は無下にはできないようで、「プリンスが篭絡されないか……」と「女難」を懸念する声が社内から出ている。美人記者を配置するのは、毎日新聞、共同通信、時事通信の3社。液晶テレビ「アクオス」で薄型テレビ業界の先頭を走るシャープは、新工場建設など話題が豊富。特ダネ競争も激しい。ある全国紙記者は「容姿だけではなく、取材の粘りもたいしたもの。『くノ一』記者がスクープを飛ばす日も近いのでは」と見ている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。