「音楽携帯自由化」を扼殺した女判事

携帯ストレージに、あっと驚く「カラオケ法理」適用。音楽著作権協会ばかりが高笑い。

2007年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

携帯電話用の音楽ストレージ(保管)サービスは著作権侵害――5月25日、東京地方裁判所が下した判決が、ネット掲示板「2ちゃんねる」やブログで袋叩きにあっている。判決を下した同地裁民事第47部の高部眞規子裁判長が、かつて「一太郎」「花子」の製造禁止判決など有名な事件の担当だったこともあって、ネット専門家やケータイ族が名指しで「バカ」呼ばわりするなど、「炎上」の様相も呈している。訴訟の焦点は、イメージシティ社の携帯電話用音楽ストレージサービス「MYUTA」。その仕組みは別図の通りで、利用者が自分の音楽CDや「iチューンズ・ストア(iTS)」などの音楽ネット配信サービスから購入した音源を、利用者のパソコン(PC)でファイルに変換し、MYUTAのサーバーを介して携帯電話にダウンロード、着メロなどを「自作」することができる。通信カラオケ系の「着メロ」、レコード会社系の「着う ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。