藤沢武夫<上>

夢にかける橋をつくる

2007年8月号 連載 [第二の男]

  • はてなブックマークに追加

ビジネスヒーローの転落が目立つ。起業家の夢が貧しくなった。事業は単なる金儲け。不正な利益追求に血眼になっては情けない。町工場から世界のホンダを築いた本田宗一郎。自動車修理工場を始めた若い日は、「一生のうちになんとか千円ためようと決心した」が、確かな腕で、あっという間に、月々千円儲けるのが軽くなる。金を貯める気はなくなり、無茶な遊びもしたが、生き方には一本、芯が通っていた。少年時代からの自動車に注ぐ情熱であり、大きな夢である。その夢を実現させたのが、本田の陰にいた藤沢武夫という存在だ。モノづくりの天才である本田と、経営のプロ藤沢という車の両輪があって、ホンダは初めて発展した。稀なコンビが出会ったのは1949(昭和24)年の春。藤沢が38歳、本田は42歳のことだった。その前年、本田は浜松で本田技研工業を設立。オートバイのドリーム号を開発し、作るそばか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。