みずほ銀行が渡った 「錬金術」のルビコン

ABCマートのTBS株投資も、森電機のマネーゲームも、不思議と人脈が重なる。東証などが調べ始めた。

2007年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

投資の鉄則は沈黙――。東証1部上場の靴小売りチェーン「ABCマート」の創業者、三木正浩会長は、これを守ってわずか7カ月弱で約80億円と推定される利益をあげた。「沈黙」は憶測を呼ぶ。昨年11月30日の大量保有報告書で、三木会長が代表を務めるイーエム・プランニング(三木氏個人の資産管理会社)がTBS株を5%超取得したことが判明して以来、楽天とTBSの戦いに割って入ったこの「第三の男」の背景が語られてきた。1955年に三重県伊勢市に生まれ、北朝鮮系の民族学校を経て名古屋の東邦学園短期大学で学び、アパレル商社で“修業”後に独立、英国ブランド「ホーキンス」のヒットで立志伝中の人物となったが、それは本誌も5月号で詳述している。TBS株取得についても諸説が乱れ飛んだ。ドン・キホーテの安田隆夫会長、セガサミーホールディングスの里見治会長兼社長らとの共闘説、楽天の三木谷浩史会長兼社長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。