「草川危うし」苛立つ公明・創価学会

「全員当選」が当たり前の軍団が大苦戦。与党連立のキーマンまで当落線上の有り様だ。

2007年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

6月25日――。国会終盤の与野党攻防はピークに差し掛かっていた。そのさなか、国会内の自民党参院議員会長室では自民、公明両党の参院幹部5人が顔を突き合わせていた。自民党参院のドン、参院議員会長の青木幹雄が気合を入れる。「よーし、こうなったら腹をくくっていきましょうや」公明党参院議員会長で党副代表の草川昭三が応じた。「よし。そうしましょう」この強固な青木-草川関係は、5年5カ月続いた小泉政権を支えた「生命線」の一つだった。草川と言えば青木との関係のほかに、前首相・小泉純一郎の秘書官だった飯島勲とも太いパイプを築いていた。草川と飯島が連日のように、情報交換していたことは永田町では、知る人ぞ知る話である。

余人をもって代え難い

昨年9月28日、首相退任直後の小泉と、公明党の支持母体・創価学会名誉会長である池田大作が会談したのも、草川-飯島ラインのなせる業だった。今年2月某日。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。