なにわの「食い倒れ」最新事情

「食」での存在感は地盤沈下の経済とは対照的。世界の巨匠、アラン・デュカス氏も出店を計画。

2007年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

世界の料理界の巨匠で「史上初の九つ星シェフ」と呼ばれるアラン・デュカス氏が2006年10月21、22の両日、大阪に滞在し、老舗のすし屋やうどん屋などを巡る「なにわ食ツアー」をした。中央卸売市場ものぞいた。デュカス氏は「三つ星レストラン」を三つ運営していることから、「九つ星」の異名を持つ。江戸時代創業のすし屋では、デュカス氏は大阪伝統の「押しずし」の工程を見学して試食。「美しく繊細な味。東京にも、ほかのどの国にもない文化」と世界の目と舌でお墨付きを与えた。デュカス氏は現在、事業家として世界中にコンセプトが異なる20軒余のレストラン、5軒のオーベルジュ(宿泊施設付き高級レストラン)も展開している。国内では、東京・銀座にシャネルとのコラボレーションによる「ベージュ東京」、青山には「ブノワ」を開いている。料理界では今、デュカス氏が大阪に進出するのではないか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。