ロシア軍需大国復活 「ミグ」など大量受注

2007年8月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

6月下旬に開かれたパリ国際航空宇宙ショーにロシアの防衛・航空関連企業60社が参加、戦闘機や近距離輸送機で数百機、数十億~数百億ドル規模の受注が実現、ウケに入っている。ハイライトは超技巧の曲芸飛行を披露した多機能戦闘機ミグ29MOVTを擁するミグ社だ。多くの引き合いを集め、最新のミグ29戦闘機350機を100億~120億ドルで輸出予定だという。ミグの戦闘機は現在29カ国で1600機が使用され、カザフスタン、トルコ、ウズベキスタン、ウクライナなどが機種更新に関心を示しているという。スホイ社も、米ロ欧共同開発の近距離輸送機「スーパージェット100」10機をイタリ.エアライン社に2億8300万ドルで納入することが決まった。同機は年間700機生産し、35%を北米、25%を欧州、7%をロシアや中国に輸出する計画という。イルクト社は戦闘機Su30を242機、70億ドル規模で受注した。ほとんどを2014年まで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。