中国が「無神論」放棄か 中央党学校報告に注目

2007年8月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国の胡錦涛主席が6月下旬、共産党の理論的支柱である中央党学校で講演し、同校が3年前に作成した政治改革報告を、秋の党大会(17大)以降の基本方針の参考にする意向を示唆したため、にわかに注目を集めている。同報告は周天勇・同校副主任を中心とする「全面建設小康社会」班が20年以内の実現を念頭に執筆したとされる。当時はほとんど注目されなかったが、財政部の「経済研究参考」にこのほど過半が再録され、その大胆な内容には驚かされる。まずマルクス・レーニン主義の党に対し無神論の放棄を迫っている点。消息筋によれば、胡錦涛主席はこれを受け入れる意向とされる。胡政権が目標に掲げる「和諧(調和)社会」に宗教が有効な役割を果たすことを期待しているためという。報告書はまた官僚機構の縮小を提言。中央・地方とも政府・共産党組織を5段階から2段階減らすことを提案し、地方では党委員 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。