「資本のハイエナ」掃討作戦

捜査当局が「一罰百戒」を転換。「一網打尽」の摘発に、市場の腐肉を漁る小鬼たちは阿鼻叫喚だ。

2007年7月号 DEEP [証券犯罪の巣窟]

  • はてなブックマークに追加

ライブドア、村上ファンドを叩いても、資本市場に跋扈(ばつこ)する「ミニ堀江」「ミニ村上」が野放しでは、一罰百戒の名が泣く――本誌が発した警告に、捜査当局がようやく動き出したと喜ぶべきだろう。読者は覚えておられるだろうか。蜘蛛の巣のように絡み合う「カラ箱企業」の出資関係を、昨年10月号の本誌が「資本のハイエナ相関図」で報じたことを。この図は「経済事件地図」とも読むことができた。事業実態はすでになく、「上場」という看板だけが存在価値を持つ業績不振企業群――中身のない「カラ箱」だから、証券市場から直接資金調達を狙う連中には使い勝手がいい。株価は底を這っているので少しの材料で急騰する。しかも市場を刺激する材料=夢は、「カラ箱」ゆえに何でも自在にぶち込める。その結果、決算の粉飾、株価操縦、インサイダー(内部者)取引といった証券犯罪が横行する悪の巣になっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。