JALカードを寄こせと露骨な三菱UFJ銀行

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本航空が全額出資のカード子会社であるジャル(JAL)カードの売却を検討している。取引金融機関に対して数千億円の資本支援を要請するにあたって、踏み込んだリストラ策を示さなければならなくなったためだ。もっとも当の日航は、年間取扱高が1兆5千億円にもなり、カード利用効率トップのカード事業売却には気乗りがしない様子。「日航が検討しているというより、三菱東京UFJ銀行に売却を迫られているというほうが正しい」と大手金融機関幹部は言う。原因はセントラルファイナンスの謀反だ。同社は4月下旬、三井住友銀行グループと三井物産に合計380億円の第三者割当増資を引き受けてもらい、三井住友銀グループ入りを表明した。いずれ傘下のジャックスと統合させようと目論んでいた三菱UFJにとっては、この再編を嫌がって三井住友銀グループに駆け込んだセントラルファイナンスの決断はまさに「寝耳 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。