米軍が中国「空母計画」に協力を表明

2007年7月号 連載 [「軍略」探照灯 第15回]

  • はてなブックマークに追加

アジア・太平洋地域の全米軍部隊を統括する米太平洋軍司令官ティモシー・キーティング海軍大将が5月に中国を訪問し、曹剛川国防部長、呉勝利海軍司令員ら中国軍首脳と会談、その後の12日に北京での記者会見で「中国が航空母艦に関心を持つことは理解できる。もし開発を決めればアメリカはお手伝いしたい」と述べたことは日本のメディアで報じられず、防衛省も5月末に私がそれに対する反応を問い合わせてから初めて調べ、確認した。実は私も記者会見の2週間後に民間の軍事問題の研究者から「VOANews.comにそんな記事が出てました」と聞いて驚いた。「情報収集でもっとも大事なのは公刊情報を丹念に集めること」という鉄則を再確認した次第だ。VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)は米政府の対外広報放送だから、米国高官の記者会見での発言を歪めて伝えるはずはない。防衛省は米太平洋軍のホームページで記 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。