もつれるビクター売却 サザンで「争奪戦」

ネット配信強化を狙う芸能プロ大手のアミューズ。サザンオールスターズを巡るビクターとの駆け引きの行方は……。

2007年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「オーベイビー、オーベイビー」レコードショップの店頭で大音響のプロモーションビデオが流れる。人気女優の長澤まさみらが出演するフジテレビのドラマの主題歌「明日晴れるかな」は5月のヒットチャート1位を獲得した。歌うのはサザンオールスターズの桑田佳祐。来年デビュー30周年を迎えるサザンオールスターズは日本では希有な長寿アーティストだ。このキラーコンテンツを巡って日本の老舗レコード会社や表舞台への進出を目論む芸能プロダクションなどが「争奪戦」を繰り広げている。その舞台になっているのは、膠着状態が続く松下電器産業による子会社、日本ビクターの売却交渉だ。

ビクターエンタの買収提案

「もし御社がファンドに売られるなら、子会社のレコード会社、ビクターエンタテインメントはウチに売ってくれないか」。松下から米投資ファンドTPGへの身売りが検討されていた日本ビクターの幹部に4月、こんな話が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。