元経団連会長・東京電力顧問 平岩外四氏

謙虚とタフと優しさと

2007年7月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「最後の財界人が逝った」5月22日に亡くなった元経団連会長・元東京電力社長の平岩外四さん(享年92歳)の訃報記事に、こんな表現があった。過去何度も目にしてきたフレーズだが、今度ばかりは頷いた。同時に、ある財界人が思い浮かんだ。中山素平さん。元日本興業銀行の頭取で、平岩さんより8歳年上だった。05年11月、1年半先に99歳で亡くなっている。2人は、多くの点で対照的だった。平岩さんは、愛知県・常滑出身の大正生まれ。東京帝大(現東大)卒の電力マン。経団連副会長を長く務め、75歳で会長に就任。読書家で沈思黙考型だった。一方、中山さんは東京都出身の明治生まれ。東京商大(現一橋大)卒の銀行マンで、40歳代で経済同友会の代表幹事をこなし、後年は政財官学の舞台裏で活躍。「財界の鞍馬天狗」と呼ばれた行動派だ。これだけ違う2人だったが、互いに深く尊敬し合い、頼りにもし合って ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。