丸紅社長 勝俣宣夫氏

V字回復といえども復活の志は道半ば

2007年7月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――4期連続で最高益を更新。しかも、前期は丸紅史上初の連結純利益1千億円台を達成。株価もどん底の2001年12月の58円から今年6月に入って1000円の高値を記録しました。絵に描いたような復活ですね。勝俣 大リストラを行った02年3月末こそ1千億円を超える最終赤字になりましたが、翌年以降、役員・社員が一丸となって、中期経営計画に示したすべての計数目標を大きくクリアしてきました。その結果、02年3月末には約2600億円しかなかった株主資本が07年3月末には約7500億円と3倍増になった。01年に失いかけた市場の信用と信頼を完全に取り戻すことに成功しました。――V字回復へのターニングポイントはいつ頃でしたか?勝俣 過剰債務企業のレッテルを貼られて株価が暴落。リストラが遅れているとマスコミやアナリストから袋叩きにあいましたから(笑)、財務体質の改善を最優先させねばならなかった。そこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。