「8月にも利上げ」シグナル

消費者物価は3カ月連続マイナスと逆風だが、翌日物金利では怪しい動き。執念を見せる福井日銀。

2007年7月号 BUSINESS [日銀ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

福井俊彦日銀総裁の「花道」のつもりなのだろうか、日銀が追加利上げを視野に入れている。だが、形勢はよくない。重要な目安である全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)が2、3、4月と3カ月連続で前年同月比マイナスを記録、「インフレ予防」を理由にするのは無理がある。それでも、日銀は堅調な景気を背に「たとえ消費者物価が小幅マイナスでも」と早期利上げに意欲をみせるのだが……。マヨネーズとタクシー。このところ、日銀幹部が外部の経営者やエコノミストに会うと、好んで持ち出す一口話である。キユーピーは5月8日、マヨネーズを値上げすると発表した。6月1日以降の出荷分が値上げの対象で、家庭用と業務用をそれぞれ約10%ずつ引き上げる。代表的な500グラム入りの家庭用は参考小売価格を現在の319円から350円に上げる。値上げは実に17年ぶりだ。「ある日、突然にインフレはやってくるんです」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。