井上陽水の不思議

2007年7月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第15回]

  • はてなブックマークに追加

井上陽水は不思議な字を書く。字にはその人の人柄が出るというが、陽水の字はいかにも陽水でなければ書けないような字である。手元にある陽水の字は、作家、海老沢泰久が書いた『満月 空に満月』(文藝春秋)の裏表紙に記した自署である。食事をした席で私が持っていた本に陽水が署名してくれた10年前のものだ。彼が書いた「田勢様」という字は、字そのものが陽水の不思議さを表している。不思議なのは字ばかりではなく、彼の書く詩も、そして彼自身も実に不思議なのである。テレビのCMで昔、「お元気ですか」と陽水が車の窓から声をかける場面があったが、あれと同じように心地よく響く高い調子の声で、「どうも」といって照れる。なにしろいつも照れている人なのだ。いつだったか、成り行きでカラオケをすることになり、一緒にいた小室等は石原裕次郎の『錆びたナイフ』を歌ったが、陽水はなんと自分 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。