不祥事続出の2兆円企業メディセオ・パルタック

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

医薬品卸売業の最大手で、06年度売上高が2兆1667億円に上る「メディセオ・パルタックホールディングス」(本社・東京、熊倉貞武社長)で不祥事が続いている。06年10月号の当欄で報じたように、子会社「クラヤ三星堂」の元社員による体外診断薬の販売代金水増し請求・代金詐取事件の後、今度は薬剤師と結託して医薬品を横流しした事件が発覚、大阪府警がクラヤ三星堂元社員らを逮捕した。今年初めには、子会社の日用品卸売業「パルタック」の社員が仕入先関係者の個人情報が入ったパソコンを盗難により紛失。5月には、子会社の医薬品卸売業「千秋薬品」の社員が取引病院や薬局の個人情報が入ったメモリーを紛失している。コンプライアンス欠如は従業員にとどまらず、経営陣が関与した「偽装請負」疑惑も浮上してきた。ゴールデンウイーク前に、子会社の「アトル」が開設した「北部九州物流センター」に福 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。