ブルドックソースのホワイトナイトに伏兵登場

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米系投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパンからTOB(株式公開買い付け)を仕掛けられたブルドックソースの「ホワイトナイト(白馬の騎士)」に、思わぬ伏兵が登場するかもしれない。注目の主は全国で外食チェーンを展開するゼンショー。ブルドック株の買い取り要請があったことが明らかになったのだ。ゼンショーといえば牛丼チェーン「すき家」で有名だが、最近はM&A(企業の合併・買収)を繰り返し、外食産業の一大勢力となっている。ファミリーレストランの「ココス」、ハンバーグの「ビッグボーイ」、ハンバーガーの「ウェンディーズ」、焼肉・しゃぶしゃぶの「牛庵」、うどんの「なか卯」、回転寿司の「はま寿司」、イタリアンレストランの「ジョリーパスタ」等々。当然、これらの店で使われるソースの量はばかにならない。ブルドックを自前のソースにするのも悪くはなかろう。が、買 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。