三菱東京UFJ銀行が常軌を逸した「報道管制」

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三菱東京UFJ銀行が首脳陣を除き、記者の夜回り取材を受けた役職員を懲戒処分する御触れを出し、マスコミ各社の顰蹙を買っている。財団法人「飛鳥会」との不適切な関係や、米当局が摘発したマネーロンダリング(資金洗浄)問題など、コンプライアンス(法令順守)違反の不祥事が続発。そのたびに内部情報がメディアに漏れ、業を煮やした畔柳信雄頭取は旧UFJサイドがリーク源と睨み、社会の公器にあるまじき報道管制を敷いた。会長、副会長、頭取、副頭取、企画担当常務以外の行員が、記者の夜回り取材に応じた場合、懲罰対象になるという。御触れは経営会議で了承され金融庁に報告したが、対外公表は控えている。同行は当局から一部業務停止処分を受け、一刻も早く不祥事根絶の体制を整えるべきなのに、行内に潜む情報提供者のあぶり出しに躍起だ。恐怖政治を敷けば、耳障りな情報は首脳陣に一層入らなく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。