神戸の星、シスメックスの「熱血社長」

神戸商工会議所の次期会頭候補に急浮上。「御三家」の厚い壁を乗り越えられるか。

2007年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西経済連合会の会長のなり手が見つからず、秋山喜久会長(関西電力相談役)の後継の人選は難航。迷走の末、「東京在住」の下妻博・住友金属工業会長が選ばれた。関西の地盤沈下を象徴する事例だ。関西系企業は、財界活動では「関西復活」を唱えながら、自らの軸足は東京に移す「有言不実行」型も目立つ。また、道州制導入を提唱しても、大阪、神戸、京都の財界の主だった面々の足並みは揃わない。こうした中、ベンチャーとして業を興し、創業の地・神戸にどんと腰を下ろして業績を伸ばし続けている会社がある。医療用検査機器大手のシスメックスだ。一般の知名度はまだ高くないが、アテネ五輪女子マラソンの金メダリスト、野口みずき選手が移籍した会社として一時有名になった。赤血球や白血球などの血球分析装置では、世界一の実力があるとされ、オリンピックのドーピング検査装置にも採用されている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。