トヨタが銀行業に参入か旧東海銀のプリンスを抜擢

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車の金融サービス会社、トヨタファイナンス(TFC)の次期社長に旧UFJ銀行常務執行役員の藤田泰久副社長の昇格が内定した。トヨタ出身以外のトップ起用は初めて。金融界は「銀行業務への参入に向けた布石ではないか」と戦々恐々としている。藤田氏は名古屋を地盤とする旧東海銀行出身。中枢である海外や企画部門を歩み、将来の頭取候補とみられていた旧東海の「プリンス」。2002年に発足直後のUFJ銀でも常務執行役員に抜擢された。しかし、03年6月に突然辞めてTFC入りし、世間を驚かせた。退任の原因が「(合併相手の)旧三和銀行との軋轢に嫌気がさしていた」(旧東海銀OB)ためだけに、TFCでは「持ち前の明るさで、伸び伸びと仕事をしていた」(関係者)という。藤田氏は社長内定後の記者懇談会で「(銀行参入は)今のところ全く考えていない」と否定してみせたが、額面どおりに受け取る向き ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。