航空アライアンスでもANA優勢に焦るJAL

2007年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

世界の3大航空会社連合(アライアンス)間の熾烈なシェア争いが注目されている。ナンバーワンの「スターアライアンス」(加盟航空会社はユナイテッド航空など17社)に1999年に加入した全日空(ANA)は、今や同グループの牽引車になっている。一方、経営危機に直面する日本航空(JAL)は4月1日、アライアンス戦争でも後塵を拝する第2位の「ワンワールド」(加盟航空会社はアメリカン航空など10社)に加盟を果たした。ちなみに、第3位の「スカイチーム」(加盟航空会社はノースウエスト航空など10社)に日本の航空会社は未加入である。独走気味のスターアライアンスは今年で結成10周年。5月31日には東京・有楽町の日本外国特派員協会でスターアライアンスのヤーン・アルブレヒトCEO(最高経営責任者)と山元峯生ANA社長の共同記者会見が行われた。その席で両氏は、年内に中国国際航空と上海航空、さらに来 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。