「ミステリー・ギャップ」に寡黙たれ

2007年7月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第15回]

  • はてなブックマークに追加

「われわれが蒐(あつ)める情報は、その多くが役立たない代物だと言っていい。一般の情報とさして代わり映えがするわけじゃない。だが、インテリジェンスを差し出す相手は、一般の人々ではなく、国家なのである。国家に限らずとも、自ら金で買う情報を信じ、金を使わない情報は疑ってかかる」米ソの冷戦が終わって間もないころのことだった。東西の両陣営が繰り広げる情報戦の素顔を描いた作家ジョン・ル・カレは、伝説のスパイ・マスターを『影の巡礼者』に今一度登場させた。イギリス秘密情報部の研修所にジョージ・スマイリーを招いて、冷たい戦争が幕をおろした時代に情報士官となる後輩たちを前に、クレムリンという名の蠍(さそり)と対峙した情報戦の内実を存分に語らせた。それは冷戦を野辺に送る挽歌だった。*ジョージ・スマイリーのひそみに倣えば、国家はシークレットを扱う者を軽んじ、ミ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。