どこまでやる気「安倍改憲」

首相は大真面目だが、政界再編とセットでなければ実現しないほどの大テーマ。青写真が描けているのか?

2007年6月号 POLITICS [長期政権への野望]

  • はてなブックマークに追加

憲法施行60年の今年、安倍晋三首相は7月の参院選に憲法改正を公約に掲げて臨む。機会あるごとに「自分の任期中に改憲を政治スケジュールに乗せていく」と強調し、改正手続きのための国民投票法も5月、成立を見た。時同じくして、首相は憲法改正の焦点となる9条の政府解釈変更へ、名うての「見直し」論者をずらりと集め、有識者懇談会もスタートさせた。選挙公約といい、まるで憲法を「親(祖父?)の敵」に見立てたような文字どおりの「総攻撃態勢」だ。改憲派陣営の大御所、中曽根康弘元首相も「改憲に正面から取り組む戦後初の本格政権」とおだてる。追い風には事欠かない。世論調査に表れた国民意識は近年、一貫して憲法改正賛成が過半数を占めている。衆議院では自民・公明両党で、改憲案の発議に必要な「院の議員の3分の2以上」を制している。米国の一部は、対北朝鮮ミサイル防衛(MD)態勢の構築 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。