公務員法改正案の「時限爆弾」

人材バンクは単なる激変緩和措置。目くらましの裏で、財務省が「悪玉」にされた。

2007年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「公務員制度改革ウォーズ」に、永田町と霞が関が熱い。小泉純一郎前首相の「勝利の方程式」は、内角に剛速球を投げて抵抗勢力の反発を誘い、バッシングでマスコミを騒がせ、国民の耳目を集めたところで首相が裁断を下す政治の「劇場化」だった。安倍晋三首相もこれを踏襲するはずが、郵政民営化反対議員の復党を認めたおかげで“敵”を探しあぐねてきた。それがやっと格好の悪玉をみつけた。霞が関、とりわけ牙城の財務省である。「公務員のやる気をそぐ」「優秀な人材が公務員離れする」と全省庁がこぞって抵抗した国家公務員法の改正案が、すったもんだの末に4月24日午後7時過ぎに閣議決定された。朝でなく夜の閣議、しかも首相訪米直前の25日に国会提出という異例の「滑りこみ」になったのは、霞が関が自民党の一部(官僚OB議員、いわゆる「過去官僚」や族議員)と組み、引き延ばしを図ったからだ。

もはや “ことなかれ” 通じず

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。