サルコジのフランスは「治安重視」と「市場原理」

2007年6月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

5月6日に行われたフランス大統領選の決選投票で、シラク現政権の内相で右派UMP(民主運動連合)のニコラ・サルコジ氏(52)が当選した。仏初の女性大統領をめざした社会党の元環境相セゴレーヌ・ロワイヤル氏(53)に6ポイント以上の差をつけた。今回の選挙の争点は、大都市郊外などで年々悪化する治安、移民、そして雇用問題。サルコジ氏は治安取り締まりの強化、不法移民に対し容赦しない政策、そしてアメリカ型自由主義経済への傾斜を打ち出した。移民政策が極右支持者の票を集め、経済政策は起業家の支持を、また「もっと働き、もっと稼ごう」「義務と秩序」という分かりやすい価値観を示したことが、多くの人の支持を集めたといえる。ハンガリー移民の子供として初めて大統領となるサルコジ氏は2度内相を務め(02~04、05~07年)、犯罪取り締まりの成果である「数字」が、実行型政治家としての実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。