温暖化目標「破約」の日本

誰も言わないが、達成は絶望的。頑なだった米国が豹変し、高をくくっていた日本は今や窮地。

2007年6月号 COVER STORY [ポスト京都議定書]

  • はてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガー(カリフォルニア州知事)は、伊達や酔狂で俳優の看板を背負っているわけではない。大衆へのメッセージが実にうまいのだ。米国では「メディア・サビー(savy=熟知)」と呼ばれているほど。4月12日、ニューヨーク市内の講演会でも「サビー」ぶりを発揮した。テーマは知事ご執心の地球温暖化対策である。「気候問題に取り組む人はボディビルダーのようにセクシーだ。(環境対策を)実行に移すことに反対している人たちに言わせてもらおう。(海水温度上昇で)足元の氷床が解けていく南極ペンギンたちのように、あなたたち自身もよって立つ基盤が崩れていき、漂流する――グッバイ、マイ・リトル・フレンズ」絶妙だ。「マイ・リトル・フレンズ」は、ペンギンとともに、温暖化への対策実施に反対する米国内外の政治家を揶揄している。「環境活動=ボディビル」していないか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。