浜松市長を引きずりおろす鈴木修スズキ会長の「怪力」

2007年6月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大きな波乱もなく終わった統一地方選だが、指定市長選で唯一、現職が落選したのが浜松市。前民主党衆院議員の鈴木康友氏が現職の北脇保之氏に競り勝った。その最大の立役者は、スズキの鈴木修会長だ。過去2回の市長選では北脇氏を応援した修会長が、今回は一転して、名字は同じだが親戚でも何でもない康友氏を徹底支援した。とにかく北脇氏を市長から引きずりおろしたかったからだ。2人の対立のきっかけは、北脇市長が三顧の礼で修会長を迎えて設立した「浜松市行財政改革推進審議会」。この審議会で修氏は市政の問題点を洗い出し改革案をまとめたのだが、市側は「前向きに検討する」といった官僚答弁ばかりで改革案を即座に実行しようとせず、修会長を激怒させた。といっても改革案の中には国の法改正が前提となるものもあり、「全部、すぐに」というのは無茶な話なのだが、世界の自動車メーカーと食う ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。