埼玉新聞に経営危機説

2007年6月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

新聞経営を支えているのは購読収入と広告収入だが、ネット広告が雑誌広告の売上高を凌駕するなど、新聞も広告媒体として衰退傾向にある。なかでも経営基盤が弱い地方紙は苦しい。とりわけ首都圏の地方紙はピンチだ。東京に隣接する埼玉は「埼玉都民」と揶揄されるほど地元離れが顕著。その県紙である埼玉新聞はずっと販売減に苦しんできたが、ここへ来てナショナルブランドの広告離れが加速し、経営危機説が広がる始末だ。埼玉新聞の発行部数は、新聞雑誌部数公査機構である日本ABC協会に入っていないため信用に足るデータがない。自称発行部数は朝刊単独で16万部強だが「噂では実売は公称の半分以下。年間売上高が30億円を割り、台所は火の車」と地元業界筋は口さがない。埼玉新聞社は1944年10月に創業。バブル期に不動産、ゴルフ場・ホテル経営で成功した「地産」が買収に乗り出し、オーナーの竹井博 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。