関西財界の「黒衣」が関西電力に帰参

2007年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

関西経済連合会の秋山喜久会長(関西電力相談役)を支えてきた向井利明専務理事が退任し、6月に副社長として出身母体の関西電力に戻る。向井氏は1969年に早稲田大学政経学部を卒業し、長く関電の広報部門を率いてきた。父は参議院議員の向井長年・元民社党副委員長。80年に4選を果たしながら、過酷な選挙戦の疲れから開票半ばで息を引き取ったことは有名だ。父親が政治家だったことから向井氏は政官財界に顔が広く、関電や関経連ではフィクサー的な役割を果たしてきた。関電の大物フィクサーといえば社内クーデター「関電2.26事件」で失脚した内藤千百里・元副社長が有名。この衣鉢を継ぎ、向井氏がフィクサーにのし上がれるか、注目に値する。向井氏の後任は奥田真弥・日本繊維産業連盟副会長兼事務総長。経産省OBとあっては商都・大阪の名折れとなる人選。官僚頼みで、下妻博・関経連新会長(住友金属 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。