「プリンス」が国内営業を指揮

2007年6月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車の豊田章男副社長が6月から、国内営業担当に就任することがほぼ固まった。トヨタの大きな経営課題の一つが国内販売。全体需要が伸び悩む中、鳴り物入りで導入した「レクサス」も苦戦を強いられている。創業家出身のプリンスに敢えて「重荷」を背負わせ、「帝王学」を学ばせるのだから、「いよいよ大政奉還の準備に入った」と関係者は見る。トヨタの国内販売は、シェアは上がっているものの、3月の販売台数が前年同月比で2ケタ減になるなど厳しい状況が続く。豊田氏にとっては社長昇格前の「最後の関門」となる。調達などを現在担当している豊田氏はこれまで、国内営業を本格的に受け持ったことはない。最大の課題を抱える部門で一定の成果を上げることができれば、誰からも文句を言われずに社長に昇格させることができる。ただ、「結果がどうあれ、章男氏は社長になる。創業家直系に国内営 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。