旭化成社長に藤原健嗣氏

2007年6月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

旭化成は山口信夫会長が今秋、日本商工会議所会頭を退任することが決まったことから経営体制を一気に若返らせる方針だ。82歳という高齢の山口会長に代わって来春にも蛭田史郎社長が会長に就任し、新社長には旭化成ケミカルズの藤原健嗣社長の昇格が確実視されている。旭化成は03年10月、会社分割によって旭化成を持ち株会社にし、その傘下に旭化成ホームズや旭化成ケミカルズなど七つの事業会社を設立した。ケミカルズは全体の約40%を売り上げるリーダー格。特に最近の資源高で業績は好調に推移している。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。