村瀬治男氏 キヤノンマーケティングジャパン社長

北米で始まる「先も立ち、我も立つ」

2007年6月号 連載 [経営者のひきだし 第14回]

  • はてなブックマークに追加

日本人とは、集団催眠にかかりやすい民族なのか。カタカナや英文字で言われると、何か素晴らしいものかのように思ってしまう人が多い。そこにつけ込む商法が絶えない。「CS」という言葉も、氾濫している。「顧客の満足」を意味する英語の頭文字だ。「CSを高めよう」――この十数年、どの経営者も様々な形で口にしてきたが、よく吟味すると、結局は自社の都合を隠した「疑似CS」が少なくない。「真の商人は先も立ち、我も立つ」江戸中期の石田梅岩の言葉だ。梅岩は丹波で生まれ、京都で丁稚奉公をしながら学び、儒教や仏教、神道の思想をとり入れた石門心学をまとめた。元禄バブルが崩壊し、大商人が「儲けすぎ」と財産を没収され、追放されるのを目の当たりにして、「自分だけが儲かり、相手は損をするというのでは、本当の商いではない。お客の役に立ち、自分も適正な利潤を得るのなら、万人の心をつかむ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。