編集後記

2007年6月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

京都の祇園で「都をどり」を観た。子供のころ、亡父に連れられて東京・新橋の「東をどり」を観たことがあるが、年に一度、芸妓さんが舞踏と技芸を披露する晴れ舞台と言われても、絢爛たる衣装に目がくらむばかり、唄の文句も筋立てもわからず、すっかり退屈した記憶がある。祇園の踊りを観るのは初めてだが、年はとっても野暮助のまま。「都をどりはヨーイヤサー」の声に、はあ、これが音に聞く、と陶酔するほかなかった。▼終わってから、イチゲンでは入れない紅殻色の壁のお茶屋「一(いち)力(りき)」に。黒い木の床が軋む。「通」の手引きあればこそだが、常連には「あなただけ」とくすぐる心憎い気配りが、京都流マーケティングなのだろう。歌舞場でお点前役だった芸妓さんもお座敷に見えたが、その話になるほどと思った。イチゲンの観光客はお点前の最前列には座れない。そこはツテのあるお客用 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。