兼松の関係先が連鎖倒産 「循環取引」疑惑も浮上

2007年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

兼松が77%出資する子会社・新東亜交易(東京、年商2175億円)による石油取引をめぐり、関係先の連鎖倒産が起きている。同社が出資する親密な取引先だった、森産業海運(大阪)とシンコーサービス(同)が4月に相次いで破産。これにより新東亜に総額33億円余の不良債権が発生。このほかにも複数の企業名が取り沙汰されており、「帳簿上で売買を繰り返す『循環取引』」の疑惑が浮上。兼松側は「業者間転売(業転)ではあるものの会計上の問題はない」と主張するが、兼松には過去に石油取引の業転に関する不祥事がある。94年、兼松の子会社だった「兼松エネルギー」を舞台にした業転問題が発覚、トーメンが損害賠償訴訟を起こし、和解金支払いで決着した。また、95年には、兼松の香港子会社が原油先物取引の失敗で当時約9千万ドルの損失を出したこともあった。目先の売り上げにこだわり「虚業」に突き進ん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。