好調な米国本社の名を冠し反転攻勢に出る「メルク万有」

2007年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

リストラの先手を打った米メルクが元気を取り戻してきた。06年業績は売上高約226億ドル、前期比3%増にとどまるが、昨年から今年にかけて新しいタイプの糖尿病治療薬のジャヌビア、そして子宮頸がん予防ワクチンのガーダシルが欧米で承認、発売になり、いずれもブロックバスター(画期的新薬)となる期待が高まっているためだ。同社の日本法人である万有製薬は、今年度下半期にはメルク万有に改称、勢いづくメルク本社の名前を前面に押し出し攻勢をかける戦略だ。メルクの悲劇は、心血管系での副作用の原因として、消炎鎮痛剤のバイオックスの販売を04年に中止したことに始まる。バイオックスは未だに訴訟問題を抱え、その費用だけで昨年度6億7300万ドルを費やしている。その風向きを変えたのは、先の二つの新薬の登場だ。いずれも欧米では競争相手に先んじて承認・発売となった薬剤であり、年間売上高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。