業績不振が続く大正製薬 「上原家」が総出でテコ入れ

2007年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大衆薬トップメーカーの大正製薬の業績不振は深刻だ。主力品であるドリンク剤のリポビタンDや発毛剤のリアップの売り上げ減少に歯止めがかからない。同社は過剰流通在庫の一掃と押し込み販売を自粛するとともに、今年4月の組織改革で上原明社長がセルフメディケーション事業グループの新規事業開発部を担当、陣頭指揮に立つことになった。昨年10月には長男の茂氏、三男の健氏を理事に抜擢し、上原家総出での立て直しに懸命だ。同社の売上高は、2003年度以降連続的に下落、06年度も売上高約2400億円と当初予想を260億円程度下方修正したほど。この背景には大衆薬市場の縮小とチェーンドラッグでの激しい価格競争がある。リポビタンシリーズは03年度の売上高が1千億円を超え、ドリンク剤市場のトップブランドとして、圧倒的な販売力を誇示していた。それが今や900億円を割り込む有り様だ。さらに、特定保 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。