土方歳三<中>

心は清き水かがみ

2007年6月号 連載 [第二の男 第5回]

  • はてなブックマークに追加

新選組の創始者2人を生んだ武州多摩は、家康の江戸開府より天領で農民統制がゆるく、農民や町人が武士をまねて武芸に熱心だった。近藤勇は多摩郡上石原村(現東京都調布市)の豪農、宮川久次郎の三男だ。侍に憧れ、15歳で天然理心流の近藤周助邦武に入門して養子となり4代目を継いだ。同流は寛政の頃(18世紀末)、遠江の郷士、近藤内蔵之助長裕が、神道流を学んで一流を立てた。2代が多摩の近藤三助方昌。江戸に試衛館道場を開いた3代の周助、ともに養子である。土方歳三は勇より一つ若い。天保6(1835)年5月5日、多摩郡石田村(現日野市石田)の豪農の家に生まれた。6人兄姉の末子で、父隼人は誕生前に死に、母恵津も6歳で亡くし、次兄で家督を継いだ喜六夫婦に育てられた。11歳で上野広小路の呉服店・松坂屋へ丁稚奉公するが、番頭と喧嘩して1年ともたず、姉ノブが嫁いだ日野の名主佐藤彦五郎の家で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。