復活した強権ロシア「反プーチン」徹底弾圧

日本人記者も負傷したプーシキン広場の過剰警備。与党盤石と見えるのに、なぜそう神経質に。

2007年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

ロシアのプーチン政権は4月中旬、モスクワなどで反政権デモに対し実力行使し、大量の逮捕者と負傷者を出した。負傷者の中には日本人の記者もいた。プーチン政権が平和的なデモ隊にまで強権を振るったのはなぜなのか。来年3月の大統領選には、どういう影響を与えるのだろうか。今回、治安部隊から弾圧を受けたのは、反プーチン勢力の連合組織「もう一つのロシア」である。ミハイル・カシヤノフ前首相(2000~04年在任)、ガルリ・カスパロフ元チェス世界チャンピオンら、左翼から右翼まで多種多様な人々が参加していて、特別警戒すべき政治団体というわけではない。だが、治安当局は14日のモスクワ・プーシキン広場で同連合が予定していた約3千人の集会を許可せず、治安部隊約7千人を出動させて広場への立ち入りを阻止した。このため広場へ入ろうとした参加者が治安部隊ともみ合いとなり、次々に拘束され ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。