非難囂々のベストセラー

『アパルトヘイトでなく平和なパレスチナを』

2007年5月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

ジミー・カーター元米大統領が新著のタイトルに「アパルトヘイト(人種隔離政策)」という挑発的な言葉を使ったのは、イスラエル・パレスチナ抗争を解決に導くために行動を起こさねばならないと人々に気づかせるためだった、と語っている。この狙いはあたり、本書は米国でベストセラーとなっただけでなく、ユダヤ系米国人から囂々たる非難を浴びる事態となった。だが、「アパルトヘイト」という言葉が独り歩きしている観も否めない。この言葉自体は本文中に数回しか出てこないし、カーター本人がかつての南アフリカとイスラエルを同等と見なしているわけではないと強く主張しているためだ。イスラエルの現状をアパルトヘイトと指摘すること自体が誤りであることから、これは当然だろう。26年間、南アでジャーナリストとして過ごし、9年前からイスラエルに在住する評者も、イスラエルとアパルトヘイトと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。