編集後記

2007年5月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

威勢のいい音楽とともに、宿場町に三船敏郎演ずる素浪人が、懐手に肩を揺すって現れる。黒澤明監督の『用心棒』はいつ見ても痛快な映画だ。西部劇さながら濛々と砂塵が舞い上がるこの宿場では、「清兵衛」と「丑寅」の二人のヤクザの親分が、用心棒を雇って跡目争いに血眼なのだ。素浪人は「高値で雇うほうに腕を貸す」と言って両方をけしかける。▼しかしこの素浪人の狙いは、毒をもって毒を制す――狂犬同士を咬み合わせ、血で血を洗う出入りで自滅させ、宿場から「悪」を一掃することなのだ。加東大介から羅生門網五郎、山茶花究から山田五十鈴まで、芸達者な面々が見せる「悪のアラベスク」を見るたび、カラッとした哄笑が聞こえるような気がする。市場の「見えざる手」とやらも、清濁を相打ちさせて均衡を回復させるという意味で、この哄笑に近いのかもしれない。▼だが、原理は常に例外を生む。教科書 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。