大商会頭に樋口武男氏が浮上

2007年5月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

大阪商工会議所の次期会頭に副会頭の樋口武男・大和ハウス工業会長が浮上。現会頭は2004年3月に就任した野村明雄・大阪ガス会長。後釜には過去に大商会頭を出したことがある近畿日本鉄道の山口昌紀社長が本命視されてきたが、山口氏が関西経済連合会の副会長に決まり、樋口氏にお鉢が回ってきた。関西経済界は関経連と大商の二枚看板が牽引する。ところがここ最近、関経連会長は関西電力の秋山喜久相談役、大商会頭は大阪ガスの野村会長と、両地域独占公益企業が占めており、商都大阪の名折れと言われてきた。5月末にようやく関経連会長が住友金属工業の下妻博会長に交代し、正常化へ一歩近づく。関西財界でマスコミの矢面に立っていた関電の秋山氏が退けば、勢い大ガスの野村氏に批判の目が向くだろう。これを嫌う野村氏はタイミングを見計らって樋口氏に大商会頭をバトンタッチする意向だ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。