駐米大使は谷内氏か藪中氏

2007年5月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

6年近く駐米大使を務める加藤良三氏の後継人事がかまびすしい。谷内正太郎事務次官(63)が本命とされてきたが、ここに来て「家族の都合で海外勤務を希望していない」(政府筋)。しかも、2005年1月に次官に就任した谷内氏はすでに3年目だが、来年3月末まで定年延長が決まっている。 このため、次期駐米大使には、谷内氏と同じく1969年入省の藪中三十二外務審議官(経済担当、59)が急浮上。小泉前政権時代にはアジア大洋州局長として対北朝鮮交渉で「毅然たる態度」を貫き、安倍晋三首相の信頼も厚い。一方で、「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組と肌が合わない安倍首相は、英語研修組の藪中氏を、あえて駐中国大使に起用するとの観測も流れており、流動的だ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。