北山禎介氏 三井住友フィナンシャルグループ社長

「飛ぶこと必ず高し」で危機克服

2007年5月号 連載 [経営者のひきだし 第13回]

  • はてなブックマークに追加

「伏久者飛必高」(伏すこと久しき者は、飛ぶこと必ず高し)長い間うずくまって力を蓄えていた鳥は、ひとたび飛び立つとき、必ず高く舞い上がる。「たとえ逆境にあっても、将来に向かって静かに学んでおけ。そうすれば、必ず飛躍の好機がやって来る」との教えだ。リーダーに欠かせない、ある種のポジティブ思考である。江戸時代、処世の書として読まれた『菜根譚』にあり、筆者は中国・明朝末期の儒者である洪応明(字は自誠)だ。バブルの崩壊、株価の暴落、巨額の不良債権の続発――世紀を跨いだ15年、日本の銀行は暴風雨にさらされ、ひたすら身を縮めていた。それがいま、大手銀行の収益は、あのトヨタに近づくまでになる。この間、どんな難問に直面しても「必ず、答えはある」と語り続け、「飛必高」を期してきたのが、この人だ。北山禎介さん。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の社長で、傘下 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。