低金利ゆえの地価の「合理性」

2007年5月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

公示地価の全国平均が16年ぶりに前年比プラスとなるなど、土地デフレにも明確な終止符が打たれたようだ。とりわけ東京都心部のように、人口や経済活動が集積する地域の地価は、軒並み二ケタ上昇を記録するなど、その騰勢が強まっている。筆者の自宅近くの東京・麻布十番商店街でも、地上げの攻勢が激しい。カネ余りの中で、ファンドを中心とする不動産市場への資金流入は、活発だ。取引現場には過熱感が漂い、ずさんな鑑定や値上がり益狙いの投機的取引に関する噂も、頻繁に飛び交う。これはバブルの再来ではないのか。これに対し、3月20日に行われた記者会見で日銀の福井俊彦総裁は「全体としてみれば、地価はその土地が将来生み出すであろうキャッシュフローの割引現在価値の範囲内での変動から、著しくはみ出すリスクを感じるというところまではいっていない」と語っている。地価の現状は、おおむね ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。