安倍中東歴訪「石油乞い」は逆効果

御手洗ミッションを同行。産業振興や人材育成などへの目配りがなければ、バカにされるだけ。

2007年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相が、4月28日から大型連休を利用して中東5カ国を歴訪する。首相は、日本経団連の御手洗冨士夫会長に経済ミッションの派遣を要請、石油、商社、電機、金融などの業界から約100人の経済人が合流する。が、サウジアラビアなどでは、安倍首相と経済ミッションを迎える厳しい言葉が聞かれる。「いま、中東で一番バカにされるのが、石油を買いに来るだけの国だ」これに先立つ26日に安倍首相は就任後初めて訪米し、ブッシュ大統領と首脳会談を済ませた後、中東へ飛ぶ。サウジに続き中東第2の産油国であるアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ、世界一のLNG(液化天然ガス)輸出国となったカタール、そしてクウェートとエジプトを回る。石油やLNGの価格高騰で、改めて中東の重要性を認識したのだろう。だが、「資源目当て」だけでは先の言葉が突き刺さる。事態は大きく変わっているのだ。70年代の石油 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。