WCRP新事務総長に妙智會の三代目理事長

2007年5月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

日本の教団の連合組織に、新日本宗教団体連合会(略称・新宗連、理事長・庭野日鑛立正佼成会会長)がある。加盟は69の新宗教教団で、さまざまな形の宗教協力を行っている。もちろん参加教団は、わが道を行く創価学会とは対抗的関係にある。その新宗連が出している機関紙が新宗教新聞(月1回発行)。加盟教団の動きを中心に宗教界の話題を伝えているが、3月25日号は、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会の第5代事務総長に、新宗連加盟の妙智會教団理事長、宮本けいし氏を選んだと報じている。同紙によると、宮本氏の就任は3月19日の理事会で決定したという。前事務総長が元天台宗務総長の杉谷義純氏だったことを考えれば、非常に重みのあるポストだといえよう。妙智會とは、1950年開教の法華系教団。世間的な知名度はそれほど高くないが、パーフェクトリバティー教団(PL)などと並び100万人規模の信 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。